就活・転職英語

英会話/TOEICがダメでも外資系企業にいける?エージェントに聞いてみた!

英語はある程度できるけど、英会話には自信がない。でも外資系企業に転職して高年収を稼ぎたい!

そんなことを考えたことはないでしょうか。僕はありますよ。なんなら3日前に外資コンサルにいきたいな、と思ってエージェントと面談してきました。

そこで頭に浮かんだのが、

「そもそも外資コンサルや外資系企業って英語力やっぱりいるのかな?」

という素朴な疑問。皆さんはどう思いますか?

はむお
はむお
うーん、マッキンゼーとかGoogleは英語使うって聞くけど、それ以外の企業はそうでもないような気がするなぁ

そうですよね。僕も学生の頃はそんな感じのイメージを持っていました。ただ、実際に転職エージェントに話を聞いてみると、どうやらそういうわけではないそうです。

というわけで今日はそこにフォーカスを当てて、外資系企業と必要とされる英語力の関係についてご紹介させていただこうと思います。

シズク
シズク
実際に転職エージェントに聞いた話ですので、ネットに出ていない貴重な意見になりますよ!まずは外資コンサルからです!

外資コンサルで必要な英語力と選考について

私がエージェントにコンタクトをとったのは、外資コンサル(BCG)の求人に関する情報を得るためだったので、まずは情報収集がしやすかった外資系のコンサルの英語事情について話します。特に、今回のターゲットであったトップティアの3社に関する言及が最初は多くなります。ご了承ください。

外資系コンサルの選考と英語力(TOEICなど)について

マッキンゼーは英語力がないと入れない、ベイン・BCGは英語力がなくても入れるという偏見を私は持っていたのですが、基本的にトップティアの3社はどこも英語面接があるそうなので、最低限度の英語スピーキングができないと入るのは難しいとのことです。(人によってなかったりもするそうですが、基本的には日本語と英語双方での面接を実施するとのこと。)

しかし、選考における英語力の比重については、「添えるだけ」のレベルになっており選考にあまり関係がないとのこと。

当然コミュニケーションができないレベルだとその点がネックになって落ちてしまう可能性もあるらしいですが、基本的に新卒も中途も「地頭の良さ」が非常に重要視されるとのことなので、ぶっちゃけ英語力とか業務経歴とかあまりみていないんですって。

ガオ
ガオ
まじか、、、外資系とは、、、(哲学)

なので、TOEIC900点であろうが、他業界からコンサルへ転職したことで生きる業務があろうがほとんど関係ないとのことです。英語力ほとんど関係なし。

英語力よりもずっとずっと若さが重要とのことです。(若いとアソシエイトで入れるので、選考のハードルが低い)20代半ばまでが一番入りやすいんだとか。

はむお
はむお
あれ?じゃぁ英語って外資系コンサルだったらいらないの?

そうですよね。気になりますよね。次の項目もご覧ください。

外資系コンサルの業務と英語力(TOEICなど)について

採用ではほとんど英語力は考慮されないようですが、実際に業務では英語に触れる機会が普通にあるそうです。(BCGの話らしいです)

特に、グローバルプロジェクトにアサインされると英語での会議が普通になるので、リスニングが出来ないと普通においていかれるそうな、、、恐ろしい。

中途で難しい選考をくぐり抜けた抜群に頭が良い人であっても、英語が聞き取れず自ら退職していくという選択をする人がちらほらいるみたいですね。厳しい世界ですよねほんと。。。

基本的にトップティアの外資コンサルに入れる人は頭が良い人たちばかりなので、多少英語ができなくとも入ってからむちゃくちゃなスピードでキャッチアップする人もいるそうですが、やはり入社前にある程度の英語力はつけておきたいものですね。入ってから絶対激務ですもん。勉強している暇ないだろうし。

はむお
はむお
精神と時の部屋買わなきゃね

なお、一段階下のレイヤーというべきか、オペレーションまで手を伸ばしているファームというべきか、アクセンチュア(戦略)やpwcのstrategy&、モニターデロイトなんかにおいては選考難易度、要求される英語のレベルなどはトップティアの三者に比べるとだいぶハードルが下がるとのことです。

とはいえこのレイヤーの戦略部隊のアウトプットを見たことありますが、普通にすごいですけどね、、、エージェント曰く、トップティア3社と比較すると選考難易度としてはそれほど高くないとのこと。

もちろんグローバル案件やっている方に関してはこれらのファームでも英語ペラペラである必要はあると思いますが、見てる感じそれほど多くはなさそうですね。英語ペラペラじゃなくてもやっていけている人そこそこいますし。

その他外資系企業に必要な英語力について

今回エージェントに話を聞いたのは外資系コンサルについてだったので、正直あまりその他外資系企業についての情報は得られていないのですが、ふわっと話を聞いた感じ外資系、日経に限らず募集要項に記載されているTOEICスコアがどうやら下記のような実業務の目安になっているそうです。

募集要項がTOEIC700点〜

実業務としては、メールやチャットを使ったビジネス英語処理がメイン。実際のコミュニケーションはあまりなく、文字ベースで英語がある程度理解できていれば良い。リーディングスキルとライティングスキルだけあれば業務はなんとかなってしまう。

募集要項がTOEIC800点〜

実業務としては、メールやチャットを使ったビジネス英語処理のほか、英語を用いた外国人との簡単な英語でのビジネスコミュニケーションも業務範囲に含まれるとのこと。文字ベースでビジネス英語を理解できるほか、簡単なスピーキングとヒアリングもできるレベルの英語力が必要。

はむお
はむお
あー!そんな違いがあるんだね!意外!

そうなんです。外資系と言っても、日本法人なので英語に触れる機会はあれど別に英語力がなくてもなんとかなることが多いようです。

ただ!どこの外資系企業にも共通ですが、昇進するためには本社や他支社との円滑な英語でのコミュニケーション力が要求されるとのことなので、英会話能力が必須とのことです。

外資系企業で管理者を目指すのであれば結局英語は避けて通れないわけですね。ただ、入社の段階では特に英会話力が必要ということもなく、なんだかんだすんなり入れちゃうそうなので、狙ってみるのもアリだと思いますよ!

シズク
シズク
入ったらビジネスイングリッシュはもう避けては通れなくなりますけどね(ゴゴゴ 

時間のあるうちに英会話力は身につけておこう

というわけで、外資系企業と英語力についての記事を書かせていただきました。

総論ですが、入社の際はそれほど英語力を見られないことが多いが、入ったあとはどこかで絶対英会話のスキルが必要になってくるのが外資系企業の英語事情みたいです。

時間のあるうちに英会話ぐらいはクリアしておくのが良さそうですね。特に社会人にもなると英語の勉強ばかりもして要られませんからね、、、

はむお
はむお
うーん、今は日系だけど将来外資系行くかもしれないし、英会話、今のうちから少しずつやっておこうかなぁ 、、、

そうですね、やるなら時間があるうちに英会話はやっておいたほうがいいですよ!時間がかかるものなので、腰を据えてじっくり取り組んでいきましょう。

そんな外資系企業への就職を考えられている就活生の方、社会人の方は是非下記の記事もチェックしていただき、英会話にもチャレンジしていただくと良いかと思います!

【体験談】TOEICで英会話が出来るようになるって本当?TOEICで英会話が出来ると思ったら大間違い!でも、「TOEICも英会話も両方出来るようになりたい、、、」そんな贅沢なあなたのために、TOEICの勉強をしつつ英会話が出来るようになる勉強法を特別にお教えいたします!...

また、時間に余裕がある方は絶対留学行ったほうがいいです。こちらもおすすめ。

2週間のセブ島留学でTOEIC900点を実際に取得した話。 こんにちは。シズクです。 僕はたった2週間のセブ島留学でTOEIC900点を取得することができました。 もちろん留学前の...

外資系企業を受験する就活生の方で、玉手箱やTG-WEBなどのWEBテストでお困りのあなたにはこちらの記事もおすすめしてきます!

【就活生必見!】TG-WEB対策 〜英語編〜 はい。どうもシズクです。TG-WEBの英語対策を今回は記事にしたいと思います。就活でSPI、玉手箱に次ぐ三代巨塔として対策をしなけれ...

 

【経験談】玉手箱の英語対策は対策本だけではNG!?玉手箱攻略の鍵は英語!玉手箱で高得点を獲得するためには、英語対策が必須です。対策本だけの対策は絶対にNG!就活で玉手箱全通過の筆者が、英語のマル秘玉手箱対策を自身の経験談をもとにご紹介!計数が苦手なあなたは特に必見です!...

それでは!

英語が本当に苦手なあなたへ

英語学習はものすごく時間がかかります。僕も実際ものすごく時間をかけて、やっとの思いで純ジャパでTOEIC900点を取得しました。無勉強からTOEIC900点を取得するには、なんと2,000時間もかかるという声もあったりします。

時間をかけてこそ得られるものも確かにありました。しかし、このブログを見に来てくれた皆さんには僕は「出来るだけ早く」英語を上達して欲しい。TOEICでハイスコアを取れるようになって欲しい。

だって、「英語」はツールですもん。勉強したその先に広がる英語の世界の体験を早くして欲しい。人生の短い時間を、「ツールの勉強」ではなく、「活用」に使って欲しい。そう思って僕が実際にTOEIC900点をとるまでに使用してきた英語教材を下の記事にまとめました。

そんな「想い」のもと、真剣に考えて時間をかけて作った、純ジャパの僕がTOEIC900点を21歳で取得した「超重要な秘密のエッセンス」を沢山詰め込んだ記事ですので、ぜひこの情報を活用して最速で英語の上達やTOEICハイスコアを達成し、成功への道をガッチリ掴んでください!

皆様の人生が、英語でより豊かなものになりますように。

▼TOEICまでどうしても時間がない貴方へ。

「TOEIC本試験まで本当に時間がないけど、ここでハイスコアを取らなければまずい、、、!」

そんなお悩みをお持ちの皆様のために、純ジャパ21歳でTOEIC900点を取得し、社会人になっても900点を維持している経験をもとに、TOEICの点数を時間がない中で最大化する、「TOEIC攻略の王道セオリー」をまとめましたのでご紹介いたします。

シズク
シズク
本当に時間がない時は、これを読んで前日に少し問題演習をするだけで効率的な対策が可能です!
はむお
はむお
10,000字超えのボリューム!ぜひ時間がない時に必殺技として使ってくれ!

▼【本気でおすすめ】1ヶ月で900点を取れた英語学習アプリ

スタディサプリENGLISHでTOEIC900点を実際に1ヶ月で取得できた話。スタディサプリENGLISHをTOEIC800点台の僕が選んだ理由を真剣にご紹介。1ヶ月真剣に取り組むだけでなんとTOEIC900点を取得しました。体験談のレビューもご紹介。...

▼【3ヶ月無料】最強のマル秘英会話学習術

【絶対秘密】<3ヶ月無料>の鬼コスパ英会話学習をTOEIC900点がご紹介! 3ヶ月無料でできる英会話レッスンの紹介の前に 英会話を勉強する際の大きな悩み、、、「お金」 英語がペラペラになって 仕事もプラ...

▼私が900点取得までに使った参考書まとめ

TOEIC900点が教える!これから英語の勉強を始めたい人向けの英語参考書まとめ どうも!英語参考書マニアのシズクです! 今日は僕が実際にTOEIC900点取得するまでに使用した参考書をみなさんにご紹介します!僕...
TOEIC900点ホルダー/駆け出し作曲家
シズク
英語と音楽をプライベートで頑張っている20代です。TOEIC900点&全国模試二桁をかつて取得した経験から「効率の良い勉強」に注力した、初心者〜上級者向けの英語攻略法を紹介しています。