TOEIC対策

え、通勤中のTOEIC/英語学習こそyoutubeで決まりって本当?!?!

こんにちは。ナキリです。

今日の記事のテーマは「通勤中にやる英語/TOEC学習」のススメです。都市圏にお住いの方、電車通勤結構時間かかりますよね。毎日通勤はあるものだから、以外や以外なかなか通勤中の英語学習って継続できないですよね。

単語帳や文法書を読んだり、洋書を読んだりしたり、シズクはなんどもなんども英語の学習をなんとか通勤中にやろうと思いましたが、ことごとく継続に失敗していいます。本日は、どうしてなかなか通勤中の学習が継続できないのかについてシズクなりの意見とその解決策ご紹介させていただこうと思います。

●通勤電車で英語学習が継続できないのは仕方ない!

はい。通勤電車で英語/TOEIC学習が継続できないのはですね、まぁ一番は気力なんですが、結構「インプット型の勉強」って、通勤中の電車の中は適してないと思うんですよね。

インプット型の学習に適していないのは、集中力が削がれるからな訳ですが、なぜ電車が適していないのか、大きく分けて三つあります。

まず騒音。単純にうるさいですよね。がたんごとーんってずっとなってますしね。耳栓は欲しいところですよね。

次にスペース。満員電車だととても単語帳とかを持ちながら学習できる環境ではありません。特に、勉強しようとおもって単語帳広げてた時に限ってたっくさん人が乗ってきてまじでやる気が飛んでいったりするんですよね。単語帳じゃまになるし。

次に眠さと疲れ。行きは眠いし帰りは疲れてしんどいので、なかなか単純記憶型の勉強に当てるのって難しいんです。

というわけで、電車の中ではあまりちゃんと英語のシンプルな勉強をするのをお勧めしていません。やるなら、15分単位にしましょう。それ以上は集中力が落ちて無駄です。

●通勤電車では英語学習法の動画をみろ!

はい。私気付いちゃったんです。通勤電車は上記のように、集中力が途切れる要素が満載なので、インプットじゃない英語の勉強をするのがベストです。いっちばん初心者向けなのが動画。youtubeで英語ができる人のTOEIC講座がたっくさん上がっているので、それらを受動的に楽しんで行きましょう。

疲れてる時でも漫画とかゲームってつい熱中しちゃうじゃないですか?ああいう風に受動的にコンテンツを消化する形で英語の学習をするのが僕は良いと思います。

例えばTOEICのスコアを上げたいあなたはTOEICのスコアを上げるための本番前の小ネタとかをまとめている動画を見ればいいですし、英語のリスニングの勉強ができない人は、リスニングの能力をどう上げるべきかを紹介した動画なんかは今の世の中めちゃめちゃ数がありますので、そういうのをぼーっと眺めましょう。通勤中はまじでそれでいいです。

僕は最近気がつくとyoutubeでただただ魚をさばくだけの動画を見たりしているのですが、あれと同じです。ボーっと無心でyoutubeをつけて、英語の勉強法のコンテンツを消化してください。もう通勤中の英語の勉強はそれだけでいいと思います。

●通勤電車での英語学習動画をお勧めする理由

はい。どうしてそんな英語力の増強にちっとも効かなさそうな勉強法を推奨しているかについてですが、これには「勉強の進め方」に関する「全国模試で2桁の順位をとった」シズクなりのきちんとした理由があります。

そもそも私は勉強とは2つの要素からなるとおもっていて、

一つは、「効率的な勉強のやり方を学ぶ」要素で、

二つは、「ひたすらにインプットとアウトプットを繰り返し知識を定着させる」要素です。

これは、双方非常に重要だと思っていて、どちらかが欠落していると、「お馬鹿」にまっしぐらです。インプットとアウトプットを繰り返すだけで勉強した気になっていませんか?

一般的に学力の伸びは掛け算です。

A * B = 学力

とした時、

A: 勉強効率 B:勉強量

と言えるでしょう。(A,B)=(1,100)(2,50) とおいた時、学力の伸びは同じ。
勉強効率が上がれば上がるほど勉強量は必要なくなるわけですね。

じゃぁどのように勉強効率を上げるかというと、「できる人のやり方」を真似ることが重要になってきます。

この図式は英語学習においても同様で、いわゆる「できる人のやり方」を学ぶのが、英語の勉強法の動画をyoutubeで見まくる行為というわけです。つまり、動画を見れば見るほど、勉強効率が上がるので、勉強量に対する学力の伸びが大きくなるわけですね。

●通勤電車での英語学習動画をお勧めする理由

ただ、この勉強効率の増強には罠があります。「簡単で楽しすぎる」んですよね。楽しすぎて勉強しなくなるんです。勉強辛いから楽な方に人間すぐ逃げるんです。

私も 昔そうでした。効率的な勉強方法ばかり追い求めて「東大生のなんたらかんたら」みたいなほんとか「本当に頭がいい人の勉強法」とかの本ばっか読んでて、結局肝心の「インプットとアウトプットの反復」ができていなかったんですよね。

そうなってはいけないので、「勉強法」をインプットする時間を限定したんです。そうすると空いた時間につい動画ばっかり見ちゃうみたいな謎の行動をして、これはこれで勉強だから、とかいう謎の言い訳をして結局成績がなかなか伸びないなんてことはなくなりました。

これと同じ構図をやろうっていうのが今回のお話です。
通勤電車の中でめっちゃ怠惰に勉強法のインプットをする代わりに、家では一切勉強法のインプットをやめましょう。それによって、結構メリハリがついて成績が効果的に上がっていきます。これは実際にシズクが実践しており、結果を実感している勉強法です。これなら、車を運転していても同じことができますよね。

さて、いかがだったでしょうか。怠惰勉強法。
通勤時間には「怠惰に勉強するのがオススメ!」という内容でした。

大きくまとめると、

①通勤中は「youtubeでできる人の勉強法を学べ」

②通勤中以外は勉強法を学ぶな

というところがまとめですが、15分ぐらいなら知識インプット型の地道な勉強もできるかと思いますので、15分単語帳や文法やって、後の時間はyoutubeに当てるのが良いかと思います。

今日はこんな感じで!それでは!

 

 

英語が本当に苦手なあなたへ

英語学習はものすごく時間がかかります。僕も実際ものすごく時間をかけて、やっとの思いで純ジャパでTOEIC900点を取得しました。無勉強からTOEIC900点を取得するには、なんと2,000時間もかかるという声もあったりします。

時間をかけてこそ得られるものも確かにありました。しかし、このブログを見に来てくれた皆さんには僕は「出来るだけ早く」英語を上達して欲しい。TOEICでハイスコアを取れるようになって欲しい。

だって、「英語」はツールですもん。勉強したその先に広がる英語の世界の体験を早くして欲しい。人生の短い時間を、「ツールの勉強」ではなく、「活用」に使って欲しい。そう思って僕が実際にTOEIC900点をとるまでに使用してきた英語教材を下の記事にまとめました。

そんな「想い」のもと、真剣に考えて時間をかけて作った、純ジャパの僕がTOEIC900点を21歳で取得した「超重要な秘密のエッセンス」を沢山詰め込んだ記事ですので、ぜひこの情報を活用して最速で英語の上達やTOEICハイスコアを達成し、成功への道をガッチリ掴んでください!

皆様の人生が、英語でより豊かなものになりますように。

▼TOEICまでどうしても時間がない貴方へ。

「TOEIC本試験まで本当に時間がないけど、ここでハイスコアを取らなければまずい、、、!」

そんなお悩みをお持ちの皆様のために、純ジャパ21歳でTOEIC900点を取得し、社会人になっても900点を維持している経験をもとに、TOEICの点数を時間がない中で最大化する、「TOEIC攻略の王道セオリー」をまとめましたのでご紹介いたします。

シズク
シズク
本当に時間がない時は、これを読んで前日に少し問題演習をするだけで効率的な対策が可能です!
はむお
はむお
10,000字超えのボリューム!ぜひ時間がない時に必殺技として使ってくれ!

▼【本気でおすすめ】1ヶ月で900点を取れた英語学習アプリ

https://alicemetrics.work/archives/296

▼【3ヶ月無料】最強のマル秘英会話学習術

https://alicemetrics.work/archives/1628

▼私が900点取得までに使った参考書まとめ

TOEIC900点ホルダー/駆け出し作曲家
シズク
英語と音楽をプライベートで頑張っている20代です。TOEIC900点&全国模試二桁をかつて取得した経験から「効率の良い勉強」に注力した、初心者〜上級者向けの英語攻略法を紹介しています。